先進医療特約とは?その必要性について

「先進医療特約って必要なの?」

このような疑問を持つ方は意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は先進医療特約について、その特徴と必要性についてご紹介します。

 

先進医療特約とは

 

先進医療特約を保険に付加すると、先進医療にかかる実費を所定の上限額まで補償してくれます。

上限額としては2000万円を設定している保険が多いです。

先進医療は、高額療養費制度を含む健康保険が適用されない治療のことで、先進医療にあたる治療を受けた場合は全額自己負担となります。

先進医療特約は、おもに医療保険で付加することが可能です。

 

先進医療特約の必要性について

 

先進医療の中でも、がんの治療を目的とした「重粒子線治療」や「陽子線治療」となると数百万円もの費用がかかります。

国民病の1つであるがんの治療として先進医療を受ける場合があるため、先進医療特約をつけておいたほうが安心です。

先進医療を受ける確率は極めて低いため、先進医療特約を付加しても保険料は月々100円程度の増額で済みます。

家計への負担はほとんどないので、先進医療特約を付加するのがおすすめです。

 

最後に

 

先進医療とはあくまでも治療方法の選択肢の1つなので、必ず受けなくてはならないというものではありません。

しかし、先進医療の方が治療効果が高いことは推測されます。

最終的にはご自身の判断ですが、個人的には先進医療特約を付加することをおすすめします。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。