地震保険とは?特徴と必要性について

「地震保険って必要なの?」

地震大国である日本に住んでいる以上、地震への対策は気になりますよね?

となれば地震保険を検討する方も多いかと思います。

 

ですが、そもそも地震保険になじみのない方が大半のはずです。

そこで今回は、地震保険の特徴や必要性、実際の地震保険についてご紹介します。





何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

地震保険とは?

 

地震保険は、建物や家財が地震や噴火、津波によって損壊したときに補償される保険です。

地震保険を契約するには、まず火災保険(または家財保険)に契約し、そのオプションとして選択する必要があります。

ただし、国の制度として地震保険があるので、どの火災保険を契約しても地震保険の内容は変わりません。

 

火災保険は建物や家財の損害に対して補償しますが、地震などを原因とする損害は補償対象外となっています。

また補償額は、火災保険の補償額の30%~50%です。

あくまでも地震の被災者の生活再建のための費用であるため、このような設定になっています。

 

地震保険の必要性

 

地震保険の必要性ですが、保険料があまり家計の負担にならないのであれば入っておきましょう。

また、建物の構造や築年数、立地によっては地震などによる損壊の可能性がほとんどないこともあります。

このような場合は無理に地震保険を契約しなくてもよいかもしれません。

 

逆に地震などによって建物が全壊し、生活が困難になるのをどうしても避けたい場合は契約するべきでしょう。

 

実際の地震保険について

 

地震保険は火災保険とセットで契約することが前提のため、単独での契約はできません。

しかし、地震保険とほぼ同様の「地震補償保険」というものがあり、こちらは単独での契約が可能です。

これら2つの保険について見てみましょう。

 

補償額 被害の認定方法 損害の認定区分 地震保険料控除 保険料例
地震保険 最大900万円 引受保険会社による査定 ・全損
・大半損
・小半損
・一部損
対象 18,150円/年
(東京都、H構造、建物評価額1000万円、家財地震保険なし)
地震補償保険「リスタ」(地震被災者のための生活再建費用保険) 最大で火災保険補償額の半額 地方自治体発行の「り災証明書」 ・全壊
・大規模半壊
・半壊
対象外 19,960円/年
(東京都、木造、単身世帯、年払)

 

資産条件が異なるため単純に比較ができませんが、やや地震保険の方が安そうな印象ですね。

また、地震保険では建物の耐震性などによって最大55.5%の割引を適用できます。

 

どちらか1つだけを選ぶほかに、地震保険で足りない分を地震補償保険で補う方法もあります。

ご自身の予算に合わせて検討しましょう。

 

最後に

 

地震保険は、地震や噴火、またはこれらによって起きた津波により建物や家財をの損害を補償してくれます。

火災保険とセットで契約することになっているので、火災保険を契約するときは地震保険も検討しましょう。

 




何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。