火災保険とは?実際の保険一覧と保障対象について

「火災保険ってどんな保険? 加入したほうがいいの?」

あなたは火災保険が一体どのようなときに補償してくれるかご存知でしょうか?

火災に限らず多くの場面で補償してくれるので、知らないうちに損をしているかもしれません。

 

そこで今回は、火災保険についてご紹介します。





何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

火災保険とは

 

火災保険はその名の通り、建物の火災による損害を補償する保険です。

特に住宅ローンを組んで購入した建物だと、火災などで建物を失ってローンだけが残る事態もあり得ますよね?

火災保険に加入することでこのような事態を防ぐことが可能です。

 

火災保険の保障対象

 

意外と知られていませんが、火災保険の保障対象は火災だけでなく様々な損害に対して補償してくれます。

契約内容にもよりますが、保障対象はだいたい以下の通りです。

 

  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹災・雪災
  • 水災
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
  • 漏水などによる水ぬれ
  • 騒擾・集団行動等に伴う暴力・破壊行為
  • 盗難による盗取・損傷・汚損
  • 不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

 

「盗難」までも保障してくれるのは意外ですよね。

火災保険は、「建物の損害に備える保険」と考えたほうがいいかもしれません。

また、商品によってはこの中から必要な保障だけを選ぶことで保険料を抑えることができます。

 

火災保険は、「建物だけを補償」、「家財のみ補償(家財保険)」、「建物と家財の両方を補償」などのパターンがあるので、必要に応じて保障の範囲を選びましょう。

 

地震による火災は保障対象外

 

火災保険には注意すべき点があります。

実は地震や噴火、またはこれらによって生じた津波による火災や損壊などは保障対象外なのです。

そのためこれらの災害に備えるためには、地震保険とセットで契約する必要があります。

 

日本に住んでいる以上はこちらも契約しておきたいところですよね。

ただし、最大でも火災保険の保険金額の半分程度しか補償してくれない点は注意しましょう。

 

実際の火災保険一覧

 

それでは実際にどのような火災保険があるか見てみましょう。

インターネットで調べて見つかった火災保険を以下にまとめてみました。

 

じぶんでえらべる火災保険

 

THE すまいの保険「個人用火災総合保険」

 

ホームアシスト(家庭総合保険)

 

スーパージャンプ(満期戻火災保険)

 

リビングアシスト(リビングアシスト総合保険)

 

セコム安心マイホーム保険

 

「住自在」 すまいの保険

 

トータルアシスト住まいの保

 

GK すまいの保険(家庭用火災保険

 

GK すまいの保険 グランド(家庭用火災保険

 

リビングFI

 

マイホームぴたっと(住居建物総合保険)

 

SBI損保の火災保険(住まいの保険

 

ホームプロテクト総合保

 

安心あっとホーム(個人用火災総合保険

 

すまいるリビング(賃貸住宅入居者向け個人用火災総合保険)

 

※保険料の試算については、入力項目が多かったり、内容も違ったりしたため省略してあります。

 

 

まとめ

 

火災保険は、建物の火災だけではなく様々な損害に対して補償してくれるため、住宅ローン契約時などは特に加入することをおすすめします。

ただし、保障対象が多く、地震による損壊などは補償対象外なので注意してください。

 

もしご自身で最適な保険を見つけられないということでしたら、保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか?

こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。

ただし、火災保険のような損害保険のみの相談は受け付けていないようなので注意してください。

 




何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。