健康保険[健康保険組合・全国健康保険協会(協会けんぽ)]とは?

「健康保険と国民健康保険って違うの?」

一見、同様のものを指しているように見えますが、国民健康保険と健康保険では保障内容が異なります。

今回は国民健康保険と比較しながら健康保険についてご説明します。

健康保険とは?

 

一般的に「健康保険」と呼ばれるのは、おもに会社員などが加入する公的医療保険です。

公的医療保険は加入が義務付けられています。

これのおかげで日本国民は医療費負担額が3割で済んでいるのです。

その他にも多くの保障がありますが、これについては後程触れていきます。

 

健康保険組合と協会けんぽの違い

 

同じ健康保険でも、「健康保険組合」と「全国健康保険協会(協会けんぽ)」の2種類があるのをご存知でしょうか?

おもな違いは運営元にあり、健康保険組合は大企業やグループ企業、協会けんぽは全国健康保険協会によって運営されています。

協会けんぽは都道府県ごとに保険料が異なるため、それぞれで明確に定まっているわけではありませんが、平均で見ると健康保険組合の方が安いです。

さらに健康保険組合だと、付加給付金や福利厚生などが充実している場合があります。

ご自身が「健康保険組合」と「協会けんぽ」のどちらに加入しているかは、保険証で確認することができます。

 

国民健康保険と保障内容を比較

 

それでは、国民健康保険と比較しながら健康保険の保障内容について確認しましょう。

以下、厚生労働省のWebサイトをもとに保障内容をまとめました。

 

給付  国民健康保険
後期高齢者医療制度
 健康保険
医療給付  療養の給付
訪問看護療養費
年齢や収入に応じて給付額が異なる
義務教育就学前:8割
義務教育就学後~70歳未満:7割
70歳以上75歳未満:8割(収入に応じて7割の場合も)
75歳以上:9割(収入に応じて7割の場合も)
入院時食事療養費  食事療養標準負担額:1食につき360円
所得に応じて100円~210円になることもあり
入院時生活療養費
(65歳~)
 生活療養標準負担額:1食につき460円+320円(居住費)
(入院時生活療養(Ⅱ)を算定する保険医療機関では1食につき420円)
所得および老齢福祉年金の有無によって負担額が減ります。
高額療養費制度  詳細はこちらを参照してください。
現金給付  出産育児一時金  被保険者またはその扶養者が出産したら原則として42万円が支給される。
埋葬費 被保険者またはその扶養者が死亡した場合に、条例または規約の定める額を支給。支給額は自治体により異なり、1万円~5万円程度。(後期高齢者医療広域連合で実施)
傷病手当金  任意給付 業務外の理由による療養で労務不能の場合、最長で1年6か月、1日につき標準報酬日額の3分の2相当額を支給
出産手当金  産休中(出産前42日、出産後56日まで)の間、1日につき標準報酬日額の3分の2相当額を支給

 

療養の給付がいわゆる「医療費負担額が3割」のことです。

国民健康保険と比較した場合の健康保険のメリットは、傷病手当金と出産手当金がある点でしょう。

おもに会社員を対象とした保険なので、万が一けがで働けなくなった時でも安心ですね。

 

また、国民健康保険だと傷病手当と出産手当金は「任意給付」となっていますが、実際に給付している自治体はありません。

各給付金の受け取るには、協会けんぽであればWebサイトで申請書をダウンロードできます。

健康保険組合なら、加入している健康保険組合に問い合わせてみましょう。

 

まとめ

 

健康保険は公的医療保険の一種で、おもに会社員などを加入対象としています。

国民健康保険とほぼ保障内容が同じではあるものの、なかにはあまり知られていない保障もあるので、損をしないためにも保障内容はきちんと把握しておきましょう。

 

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。