生命保険と共済の違いって?メリットやデメリットを比較!

「共済って生命保険と何が違うの?」

生命保険について調べてみると、「共済」という言葉を目にするかと思います。

共済は生命保険と同様に死亡や入院などの保障をしてくれますが、違いもたくさんあるのです。

そこで今回は共済について、生命保険と比較しながらご紹介したいと思います。

共済と生命保険のおもな違い

共済は非営利で運営している

 

共済は全労済や地方自治体などが運営しているため、非営利で運営しています。

生命保険は通常、株式会社として運営しているので営利目的です。

ですので共済のほうが、安い割に充実した保障内容で契約できます。

 

ただし安い代わりに、保障額は生命保険より低めに設定されています。

「最低限の保障で良いから保険料を安くしたい!」や「もっと保障を充実させたい」という方に向いています。

また、自治体などが運営しているので、会社が破綻した時に加入者を守るセーフティネットは共済にはありません。

 

生命保険会社が経営破綻しても安心?セーフティネットとは?

 

加入するには条件を満たす必要がある

 

生命保険には健康状態によっては加入できない場合があります。

共済の場合はこれとは別に、運営団体の組合員でなくてはいけません。

具体例として、都民共済のような都道府県民共済はその地域の住民であることが必要です。

 

従っている官庁や法律、用語が異なる

 

生命保険と共済では、従っている官庁や法律(それぞれ監督官庁、根拠法令)が異なります。

また、一部の用語にも違いがあります。

 

・保険料⇔共済掛金

・保険金⇔共済金

・配当金⇔割戻金

・契約者⇔加入者

 

共済の加入を検討する場合は、用語の違いを確認しておきましょう。

 

その他の違い

 

生命保険では定期保険の他に、一生涯保障が続く終身保険も用意されていますが、共済はほとんどが定期保険です。

また共済は、高齢になると保障が減額される場合があります。

 

どっちを選ぶべき?定期保険と終身保険を比較してみた

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は生命保険と終身保険について要点のみを比較しました。

保障額よりも掛金が安いほうが良いという方は共済はおすすめです。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。