生命保険会社が経営破綻しても安心?セーフティネットとは?

「生命保険会社が破綻したら、今契約している保険はどうなるの?」

このような心配がある方もいると思いますが、大丈夫です。

日本には生命保険会社が破綻した後の被保険者を守るための仕組み、セーフティネットがちゃんと存在しています。

ですので、会社が破綻したからといって保険がなくなることはありません。

 

今回は生命保険におけるセーフティネット、「生命保険契約者保護機構」についてご説明します。

生命保険におけるセーフティネット、「生命保険契約者保護機構」とは?

 

セーフティネットとは「安全網」のことで、万が一の際に救済するための仕組みです。

生命保険においては、生命保険会社の破綻に備えたセーフティネットとして「生命保険契約者保護機構」があります。

保護機構は生命保険会社が破綻したときに資金援助などを行うことで、生命保険の契約を維持してくれます。

 

この「生命保険契約者保護機構」について、ポイントごとに見ていきましょう。

 

国内で事業を行うすべての生命保険会社が加入

 

保護機構には国内のすべての生命保険会社が加入していますが、地方自治体などが運営する共済は加入していません。

このほかに少額短期保険業者や特定保険業者も保護機構には加入していません。

 

将来もらえる保険金が減ってしまう?

 

生命保険会社には、将来の保険金支払いなどに備えた責任準備金という積立金があります。

保護機構は責任準備金を補償してくれるのですが、原則として90%までです。

これに伴い予定利率も下がり、将来もらえる保険金が減ってしまう場合があります。

 

だからと言って他の生命保険に切り替えるのはあまり良い選択ではありません。

生命保険に加入したばかりの若い方ならまだしも、長く加入している方は切り替えることで保険料が割高になってしまいます。

保険の見直しは慎重に行いましょう。

 

生命保険契約を引き継いでくれる会社が現れなくても大丈夫

 

破綻した生命保険会社が抱えていた保険契約を引き継ぐ保険会社(救済保険会社)が現れた場合、保護機構は責任準備金の90%を補償します。

もし救済保険会社が現れなかったとしても、保護機構が設立する子会社(承継保険会社)、または保護機構自身が保険契約を引き継いでくれます。

 

破綻による契約への影響について

 

生命保険会社が破綻した後も保険契約を継続する場合、保険料は引き続き払込みます。

しかし、保険契約の移転が終わるまでの間は解約できませんので注意してください。

またその場合は早期解約控除により解約返戻金が削減される場合があります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

生命保険は長い目で見ると、とても大きな買い物です。

それなのに多くの人が生命保険に関する知識がほとんどないのが現状です。

しかし、生命保険は会社が破綻しても契約が継続されるので安心してください。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。