ソルベンシーマージン比率で生命保険会社の健全性がわかる?

「経営破綻する可能性が低い保険会社を選びたい!」

当たり前のことですが、できるだけ経営破綻しない保険会社を選びたいですよね。

でもそう考えた時に「じゃぁどうやって保険会社の健全性を判断するのか?」気になるはずです。

 

そこで、保険会社の財務が健全かどうかを判断するための指標として「ソルベンシーマージン比率」というものをご紹介します。

ソルベンシーマージン比率とは?

 

まずは「ソルベンシー」と「マージン」の意味を確認しましょう。

Weblio辞書によると、ソルベンシー(solvency)は「支払い能力のあること」です。

もう1つのマージン(margin)は「余白」という意味です。

つまり、ソルベンシーマージン比率は「支払い余力の比率」ということになります。

では何に対する支払い余力なのでしょうか?

 

一言でいうなら「想定外のリスク」でしょう。

具体例としては、地震などの自然災害などで多くの人が亡くなったときなどです。

一度に多くの人が亡くなるということは、一斉に生命保険金の請求が来ることになります。

 

このような「非常時に保険会社はどれだけ対応できるか?」というのがソルベンシーマージン比率と考えて大丈夫です。

そのため、経営の健全性を判断する指標の1つとして知られています。

 

200%を超えていれば健全と見なされるが・・・

 

では、具体的にソルベンシーマージン比率はどのくらいあればいいのか?

まずはソルベンシーマージン比率を求める計算式を見てみましょう。

 

$$A=\frac{C}{B×0.5}×100$$

 

・A:ソルベンシーマージン比率[%]

・B:想定外のリスクの合計額

・C:ソルベンシーマージン総額(保険会社の自己資本額)

 

100をかけてるのは%で表記するためなので、要は「リスク相当額の半分」と「支払い余力」の比がソルベンシーマージン比率ということになります。

式中のB(リスクの合計額)の導出については金融庁の資料が詳しいです

ソルベンシー・マージン比率の概要について

 

で、ソルベンシーマージン比率は行政指導ラインである200%を下回ると、金融庁の「早期是正措置」の対象になります。

しかし現実問題、過去には200%を超えていても経営破綻した保険会社があるので、200%をギリギリ超えているようでは危ないでしょう。

結局のところ「確実に安全なライン」というのは決めかねるので、とりあえず倍の400%以上あれば大丈夫ではないでしょうか?

 

 

ソルベンシーマージン比率は高すぎても問題?

 

実はソルベンシーマージン比率というのは、高ければ高いほど良いとも言い切れない指標なのです。

つまり、ソルベンシーマージン比率が高いと、保険の契約者が支払ってくれた保険料を適切に保険金として給付していない可能性が考えられるのです。

 

ですのであまりにもソルベンシーマージン比率が高い保険会社は、保険料が割高である、または保険金給付の条件が厳しいことが考えられるので注意しましょう。

 

実際の各生命保険会社のソルベンシーマージン比率一覧

 

それでは実際のソルベンシーマージン比率を見てみましょう。

ソルベンシーマージン比率が高い順にランキング形式でまとめました。

参考にしたデータは各会社の平成29年度第三四半期情報です。

参照元:http://www.seiho.or.jp/member/account/

 

順位 保険会社 ソルベンシーマージン比率(%) 備考
1 ネオファースト 6,176.3
2 みどり 5,887.8
3 アリアンツ 3,869.7
4 メディケア 3,309.3
5 ソニー 2,755.3
6 東京海上日動あんしん 2,565.2
7 日本 2,565.2
8 ライフネット 2,534.1
9 アクサダイレクト 1,847.1
10 三井住友海上あいおい 1,782.4
11 クレディ・アグリコル 1,645.1
12 損保ジャパン日本興亜ひまわり 1,580.9
13 T&Dフィナンシャル 1,272.2
14 大同 1,246.5
15 富国 1,212.5
16 かんぽ 1,206.5
17 楽天 1,131.7
18 SBI 1,113.0
19 チューリッヒ・ライフ 1,096.6
20 アフラック 1,063.5
21 明治安田 1,011.5
22 三井住友海上プライマリー 962.1
23 フコクしんらい 934.1
24 プルデンシャル 919.1
25 オリックス 916.0
26 マスミューチュアル 911.1
27 メットライフ 900.5
28 第一 898.7
29 エヌエヌ 892.2 第一四半期のデータ
30 住友 875.8
31 太陽 845.5
32 マニュライフ 843.1
33 三井 843.1
34 FWD富士 823.5
35 ジブラルタ 808.6
36 PGF 808.6
37 アクサ 802.6
38 朝日 780.0
39 ソニーライフ・エイゴン 778.7
40 カーディフ 649.5
41 第一フロンティア 625.3

 

全ての保険会社が載っているわけではありませんが、この中では最も低い第一フロンティアでも600%を超えています。

つまり、想定外のリスクが生じてもほとんどの保険会社は十分な支払い能力があると言えるのではないでしょうか?

もちろん絶対とは言い切れませんけどね。

 

まとめ ~ソルベンシーマージン比率は指標の1つでしかない~

 

ソルベンシーマージン比率は保険会社の状態を判断するための指標ではありますが、絶対的なものではありません。

あくまでも参考程度に見ておきましょう。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。