三大疾病保険(特定疾病保障保険)とは?特徴や実際の保険について

「三大疾病保険って加入するべきなの?」

「そもそも三大疾病保険ってどんな内容?」

なんとなく「三大疾病」に備える保険というのはわかっても、「この保険は自分に必要か?」まではよくわからないですよね。

そこで今回は三大疾病保険の特徴や実際の保険についてご説明します。

三大疾病保険とは

三大疾病保険(または特定疾病保障保険)は、三大疾病と呼ばれている「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」に備えるための保険です。

これら3つの病気の所定の状態に加え、「死亡」と「高度障害状態」のどれかに該当すると保険金が支払われます。

ただし保険金を貰えるのは一度だけなので、例えば一度がんになって保険金を受け取ったら、死亡保険金は受け取れません。

 

また、特に記述がない限り終身保険ですが、定期保険の商品もあります。

三大疾病の保障とは別に死亡保障も確実に受けたいということであれば、あまりおすすめはしません。

 

三大疾病保険は保険金の支払い条件が厳しい

 

実は、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」のいずれかにかかっただけでは保険金はもらえません。

保険会社により詳細な条件は異なりますが、大体以下のような内容です。

 

  • がんの場合は責任開始日から90日間は対象外ですが、がんと診断されれば受け取れる。
    ただし、一部のがんを対象外としている場合あり。
  • 急性心筋梗塞と脳卒中については、発病後に初めて診察を受けてから60日以上、所定の状態が継続したと医師に診断された場合に受け取れる。

 

対象外のがんにかかったり、急性心筋梗塞や脳卒中の場合は早く治ったりすると保険金がもらえない可能性があります。

三大疾病保険への加入を検討しているのであれば、この点に注意しましょう。

 

実際の三大疾病保険一覧

 

それでは実際にどのような三大疾病保険があるのか見てみましょう。

 

 契約可能年齢  保障期間  月払保険料例※  付加できる特約  その他
ニッセイ みらいのカタチ
三大疾病保障保険
(日本生命)
 3歳~75歳  終身・有期  32,140円(保険金額1000万円)

100万円あたり3,214円

 リビングニーズ特約
保険料払込免除特約
 急性心筋梗塞・脳卒中を発病した場合は、「治療のための手術」を受けたときも保険金を受け取れる。
3大疾病保険プレミアムDX
(チューリッヒ生命)
 20歳~80歳
(インターネットで申し込む場合)
 終身  1,400円~

(基準給付月額10万円~)

 リビングニーズ特約など多数  自由に保障内容を設計できる。

解約返戻金はない。

あくまでも主契約は「がん保険」。

三大疾病保障プラン
(アフラック)
 5歳~80歳  終身  5,124円(保険金額200万円)

100万円あたり2,562円

 –  –
特定疾病保障定期保険
(東京海上日動あんしん生命)
 5歳~70歳  最長で90歳まで  4,260円(保険金額500万円)

100万円あたり852円

 リビングニーズ特約
指定代理請求特約
 定期保険、更新する場合は保険料の増加に注意。

解約返戻金はごくわずか。

特定疾病保険
リビング・ベネフィット(終身型)

(ソニー生命)
 5歳~85歳  終身(定期もあり)  31,280円(保険金額1000万円、35歳)

100万円あたり3128円

 リビングニーズ特約
ナーシングニーズ特約
保険料払込免除特約
5年ごと利差配当付年金支払特約
 –
特定疾病保障保険
(損保ジャパン日本興亜ひまわり損保)
 記述なし  終身(定期もあり)  15,150円(保険金額500万円)

100万円あたり3,050円

 年金支払特約
指定代理請求特約
 –
メディフィットPlus
(メディケア生命)
20歳~75歳  終身 1,290円~

(基本給付金額30万円~)

 先進医療特約
3大疾病保険料払込免除特約
特定3疾病を含む特定8疾病にも備えられる。
特定疾病保障保険With[ウィズ]
(オリックス生命)
 15歳~75歳  終身(定期もあり)  24,930円(保険金額1000万円)

100万円あたり2,493円

 年金支払特約  各種サポートサービスを受けられる。

急性心筋梗塞と脳卒中の場合は手術を受けた時にも支払われる。

低解約返戻金型特定疾病保障終身保険
(ネオファースト生命)
 20歳~85歳  終身  2,773円(保険金額100万円、非喫煙者割引)  非喫煙者割引特約  支払い条件が比較的緩い。
特定疾病保障定期保険
(FWD富士生命)
 6歳~70歳  最長で99歳  8,260円(保険金額1000万円、60歳まで)

100万円あたり826円

 リビングニーズ特約
指定代理請求人特約
 定期保険、更新する場合は保険料の増加に注意。
重大疾病保障保険
(エヌエヌ生命)
 15歳~70歳  最長で87歳  –  指定代理請求特約  法人向け定期保険。
重大疾病保障保険 Jタイプ
(大同生命)
 15~70歳  最長で100歳  –  無配当重大疾病治療給付特約
年金支払特約
指定代理請求特約
 法人向け定期保険。

死亡保険金額は、その時の解約返戻金と同額。

Prosperity特定疾病保障保険
(マニュライフ生命)
 20歳~60歳  最長で82歳  –  指定代理請求特約(契約者が個人事業主の場合のみ可)  法人向け定期保険。

 

※特に記述がない限り男性30歳、終身、60歳払込満了で計算

 

全部で12個の三大疾病保険を表にしてみましたが、ちょっとわかりずらいかもしれませんね。

終身タイプで保険料が安いのは特定疾病保障保険With[ウィズ]です。

一見、定期タイプの方が安いように見えますが、契約を更新すると一気に保険料が上がります。

また、確実に保障を受けられるわけではないのであまりおすすめはしません。

 

まとめ

 

三大疾病保険は死亡保障のほかに、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」の所定の状態になっても保険金を受け取れるのが特徴です。

ただし、三大疾病のどれかで保険金を受け取ってしまうと死亡保障を受け取れないため、通常の終身保険と、先ほど紹介した3大疾病保険プレミアムDXのような保険を組み合わせることをおすすめします。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。