持病がある人は必見!特定部位不担保・特定疾病不担保とは?

「持病があるけど普通の保険に入りたい!」

持病がある方でも入りやすい生命保険・医療保険もありますが、保険料が割高なので、できれば避けたいですよね。

このような時は「特定部位不担保または特定疾病不担保」を利用して通常の保険にチャレンジしてみましょう。

ということで今回は、持病があっても通常の保険に入れる「特定部位不担保・特定疾病不担保」についてご説明します。

特定部位不担保・特定疾病不担保とは?

 

「特定部位不担保・特定疾病不担保」とは、保障の対象として特定の部位または疾病を除外して保険を契約することを指します。

例えば腎臓などの臓器に持病があった場合に特定部位不担保を利用することで、入れなかった保険に入れる場合があるのです。

ただし不慮の事故や感染症など、持病の有無に関係ないとみられるものは保障対象となります。

 

「特定部位不担保・特定疾病不担保を使えば持病があっても入れる」といったことを明記している保険を見つけられませんでしたが、特定部位不担保・特定疾病不担保について解説している保険会社のサイトもあるので、このような保険会社の商品であれば利用できるかもしれません。

 

持病がある人はまず特定部位不担保・特定疾病不担保を検討しよう

 

健康な人と持病がある人では、保険金を支払う確率が変わってきます。

そのため持病がある人向けの引受基準緩和型定期保険引受基準緩和型終身保険というのがあるのです。

これらは、持病があっても入りやすくなっている代わりに保険料が割高になっています。

 

しかし、いくら持病があっても入りやすいとはいえ割高な保険料は避けたいですよね。

そこで特定部位不担保・特定疾病不担保を利用すれば通常の保険に入れる可能性が出てきます。

持病のある臓器や特定の疾病を保障対象外とすることで、健康な人と同じ条件で保険に加入できるのです。

 

とはいえ、持病による入院や死亡する可能性が他の部位、疾病よりも高いと考えられるため、「確実に保障を受けたい」ということであれば、引受基準型の保険を選ぶべきでしょう。

 

引受基準型以外に、誰でも入れる無選択型定期保険無選択型終身保険もありますが、これらは元本割れする可能性が非常に高いため、あまりおすすめしません。

 

まとめ

 

特定部位不担保・特定疾病不担保は、持病があっても通常の割安な保険に入るための手段です。

しかし、特定の部位や疾病が保障対象外となるため、確実に保障を受けたいなら引受基準型の保険を選びましょう。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。