定期付終身保険とは?契約前に仕組みを理解しないと大変なことに

「定期付終身保険を契約するメリットって?」

以前はよく販売されていた定期付終身保険ですが、特徴も理解せずに契約すると大きく損をする恐れがあります。

もし今契約中でしたら、見直しすることをおすすめします。

 

では、定期付終身保険の特徴や注意点についてご紹介します。

定期付終身保険とは

 

定期付終身保険とは、その名の通り特約として定期保険が付いた終身保険です。

終身保険は一生涯死亡保障が受けられるため、確実に保険金を受け取れます。

これに対し定期保険は、保障期間を限定することで保険料が安く設定されています。

 

なぜか定期付終身保険においては、終身保険よりも定期保険の死亡保障額の方がずっと高い場合がほとんどとのこと。

保険料が割安な分、定期保険の保険金額を増やしているのかもしれませんが、これでは終身保険付定期保険ですね。

 

定期付終身保険で注意するべきこと

 

定期付終身保険でありながら、定期保険の保険金額が高めに設定されているため、貯蓄性はほぼゼロに等しいです。

なので解約したときに受け取れる解約返戻金は、たとえ保険料を払い込み終えたとしても払込総額の半分も貰えないでしょう。

 

「一定期間だけ保障を充実させたい」ということであれば定期付終身保険も悪くないかもしれません。

しかしそのかわり保険料はかなり高くなります。

今は定期付終身保険は販売されてないと思われますが、今現在契約中の方は見直しをおすすめします。

 

定期付終身保険の代わりにおすすめな保険

 

おすすめなのは低解約返戻金型終身保険収入保障保険の組み合わせです。

低解約返戻金型とは、払込み期間中の解約返戻金を抑える代わりに保険料を安く設定していることを指します。

 

収入保障保険は、時間経過とともに保障額を減らすことで保険料を抑えている定期保険の一種です。

また、保険金は年金形式で受け取れるので、万が一の収入の代わりになります。

 

とにかく保険料を抑えたいということであれば低解約返戻金型終身保険だけでも良いでしょう。

ただし、保険は「保険料の安さ」ではなく「自分に必要かどうか?」で選ぶべきです。

自力で最適な保険を見つけるには、しっかり調べることが必要になります。

 

まとめ

 

定期付終身保険は単なる定期保険の付いた終身保険ではなく、あたかも定期保険がメインかのような商品が多いです。

ですので、今現在契約している方は見直しをするのが最善と思われます。

  「自分で最適な保険を選べない・・・・・・」 このようなときは保険のプロであるFPに相談してみてはどうでしょうか? こちらの都合に合わせて無料で相談にのってくれるので、一度試してみることをおすすめします。   おすすめのFP紹介サイトは「みんなの生命保険アドバイザー」です。 「みんなの生命保険アドバイザー」を通してFPに相談した結果、保険料が3~4割ほど安くなる可能性も。 詳細は下のボタンから。